空き物件が多くて部屋探しにおすすめの時期はいつ?

子どものときに折込広告の新築物件や賃貸物件の間取り図を見て、将来自分が住みたい理想の部屋をあれこれと夢見た人も多いのではないでしょうか。しかし、いざ引越しをしようと思うとなかなかこれはという物件に巡り会うことができない人もいるようです。

そこで今回は空き物件の多い時期、部屋探しに適した時期と、その理由について説明したいと思います。

空き物件が多いのは1月、2月、3月

空き物件イコール即日入居可能の物件ということではありません。現在は入居者が住んでいて、退去後にハウスクリーニングが入り、入居可能になるのはまだ先だとしても、貸し主としてはなるべく空白期間を作りたくないため、早め早めに入居者募集をかけます。そのような物件が増えてくるのは1月からで、2月、3月と空き物件が多い時期になります。

学生街は早くに賃貸情報が登録される

年明けの1月頃から、卒業を控えた学生が退去する予定の賃貸物件の募集が出始めます。それは、賃貸物件情報サイトで、新着物件や各物件の物件登録日を見ることで判断できます。

大学近くのワンルームアパートやマンションで、物件登録日が1月○日、部屋状況や入居可能時期が、入居中or空予定3月中旬予定、などとなっていれば、卒業する学生が住んでいるのだろうと推測できます。

そのような学生街の物件は新入学の時期の4月までに借り手がつかなければ、翌年の4月まで空き物件のままになりかねません。不動産投資でアパート経営をしている人にとって、1年間も無収入というのは大きな損失です。そのため早くに物件を公開し、入居者の募集をかけることになります。

周辺の大学に通う卒業を控えた学生のほとんどが一斉に退去することを踏まえると、1月から空き予定の物件情報が増え始め、ピークを迎えるのは2月です。

入学が決定したら良い物件からどんどん埋まる

昨今では大学の入試制度も多様化し、早い大学では特別入試制度のAO入試や推薦入試の合格発表が9月下旬というところもあります。早いうちに合格が決まった学生は大学周辺の物件情報や家賃相場を事前に知ることができ、その点でも有利です。

同じ大学に通う高校の先輩や部活の先輩などから立地や環境、人気のあるエリアやおすすめ物件などの情報を集められます。前入居者の卒業生が退去したらすぐに入れ替わりで新入生が即入居するような人気物件は内見なしでweb上の図面や写真を見ただけで借り手がつくことが多いです。

一般入試やセンター利用入試の合格発表時期の2月中旬以降は、学生街の不動産屋はどこも多忙を極めます。遠方の大学に合格が決まった学生とその親が、現地に出向いて不動産屋を回り、その日に部屋を決め契約することが多いです。

近距離なら何度か通うこともありますが、遠距離の場合は遠くからわざわざ交通費をかけて家探しのために何度も往復することはしません。よって学生街の良い物件は、情報公開されてから短期決戦で決まってしまうと思って間違いないです。

また、この時期は不動産屋も多忙なため、webの更新が間に合わず、既に契約済みの物件がいつまでも入居募集として残っていることもあるため注意が必要です。

転勤族は内示が出てから空き情報が増えてくる

会社員や公務員も4月の新年度の開始に合わせた転勤がもっとも多く、子どものいる家庭では転校手続きや受験を考慮し、早めに転勤の内示を出すところもあります。その転勤族たちの退去予定の物件がポツポツと公開されるのも1月頃で、2月、3月にファミリー世帯用の物件も多く目立ってきます。

身軽な単身者の転勤の辞令は年度替わりの異動直前に出ることも多いため、退去後の室内クリーニングや内装工事期間をとって入居可能日を4月中旬などとしている場合もあります。ただしこれはあくまでも目安の期間なので、間取りや立地が良く気に入った物件で4月上旬に入居したければ、入居時期を早められないか相談してみると良いですよ。

家を新築した人も新年度に合わせた春に動く

今住んでいる場所の近くに家を新築した人は、通勤や通学に支障がなければいつでも引越しができます。しかし、遠い場所に家を新築した場合は、子どもがいれば転校することになります。そのため、新年度の開始前の竣工を目指す人が多く、引越すのは春休みになってからなので、その1か月~2か月前ぐらいから入居者募集をかけることになります。

また、新築マンションの一斉入居が多くなるのも新年度のスタートに合わせたこの時期です。このようにして人が多く移動する前の1月から3月頃が、年間を通して空き物件がもっとも多くなります。

家賃の安さを重視したいなら、4月、5月

新年度に合わせた引越しは4月の上旬頃には一通り終わります。それ以降は、借り手がつかなかった空き物件がちらほら散見されます。よく観察をしているとわかるのですが、物件の登録日からかなり経っても借り手がつかない物件は、少しずつ家賃が下がっていきます。そこを狙いたいなら、引越し繁忙期が終わった4月から5月がおすすめです。

売れ残りには福がある?思わぬ掘り出し物件も

選択肢は確かに少なくはなりますが、今募集をしている物件が人気のない売れ残った物件ということにはなりません。

念入りにリフォームに時間をかけて生まれ変わったような物件があったり、引越し繁忙期を避けてゆっくりと引越しをした後の物件だったり、中には急いで決めなくて正解だった、と思えるような優良物件に出会えることもあります。

この時期なら不動産屋も多忙な時期を終えているので、ゆっくりと丁寧な接客ができます。借り手のつかなかった貸し主からのプレッシャーもあり、入居者獲得のため古い設備を新しくすることを貸し主に進言してくれたり、家賃の値下げ交渉をしてくれたり、といった対応も期待できます。

込み合う時期には家賃が高くて候補から外されていた優良物件が、格安で借りられたなんてこともあります。

しかし物件数は繁忙期よりも激減

一気に空き物件が増える1月から3月の時期とはうって変わり、市場に出回る賃貸情報は4月以降は激減します。数多くの物件の中から厳選して決めたいと思う人なら、もっと早いうちに探すべきでしょう。ただ、そのような物件が多く出回る時期は得てして家賃が高くなるのは覚悟してください。

急がないなら良い物件が出るまで待つ

誰もが新年度に合わせて引越しをするわけではありません。時期外れの転勤や転校だってあるように、年間を通じて引越しはあります。賃貸情報サイトを見ても、新着物件として魅力的な物件が公開されることもあり、もうちょっと待てばここに住めたのに、と悔しい思いをすることもあります。

不動産屋に希望を伝えておくのも良案

そんな掘り出し物件とも思えるような優良物件に住みたいと思うなら、住みたい地域の不動産屋と懇意になり、良い物件が出たら優先的に紹介してもらうようにしましょう。一般公開する前に空き予定の物件の情報を教えてくれますよ。

期限を決めないといつまでも期待してしまう

良い物件が見つかれば引越しをするが、見つからなければ別にこのままここに住んでもいい、という人もいます。今よりは少し良い物件の情報が出てきたとしても、もう少し待てばさらにもっと良い物件が出てくるのでは、と期待をしてもなかなか出てこないことも多いものです。

なかなか決心がつかずに返事を先延ばししている間に、結局、先の物件にも借り手がついてしまった、ということもあります。引越しをしたいと決意したら、期限を決めてある程度の割り切りと決断力が必要ですね。

まとめ

部屋探しにおすすめの時期は、それぞれの立場や、重視したい条件により異なると言えます。賃貸物件の選択肢が多い時期に選びたいと思うなら、1月から3月がベストです。次に空き物件が出てくるのは、下半期の開始に合わせた転勤や、2学期制のスタートに合わせた転校が多くなる9月から10月あたりも狙い目と言えるでしょう。

しかし、その時期の空き物件が必ずしも家賃が安いお得な物件に巡り会えるわけではありません。安い物件を狙うためには、その時期が終わり、残った物件の中から良い物件を選ぶという手も考えられます。

おすすめの部屋探しサイトベスト3

ietty(イエッティ)

イエッティは、時代の最先端をいく賃貸仲介サイトです。チャット形式でスタッフとのやり取りをして、物件探しをしていきます。

賃貸を借りる時に大手賃貸ポータルサイトで物件を探してみたのはいいけど、膨大な情報量のせいで探しづらかったり、かといって店舗に行く時間もない、そんな現代人のニーズを満たしてくれる、話題のオンライン賃貸仲介サービスです。

対応時間も夜の23時までと、仕事で忙しい人でも物件の相談ができるのも魅力的。アプリをダウンロードして、希望の条件を登録しておけば、似た条件の物件が出たら通知してくれるのも便利ですね。

スマートフォンだけではなく、パソコンからも利用できます。利用は完全無料なので、家探しをしている人は是非登録しておきたいサービスです。

公式サイトはこちら

マイナビ賃貸

マイナビ賃貸を運営しているのは、バイトの求人や就職支援など、何かの「きっかけ」となることをモットーに掲げ、様々な分野で活躍している株式会社マイナビです。

マイナビ賃貸の公式サイトでは、様々な地域の情報や、賃貸を必要とする人に向けた、たくさんの特集が組まれているので、見ていて飽きないくらいの情報量が詰まっています。

賃貸物件を探すサイトとしても完成度が高く、細かい条件から希望の物件を探し出すことができます。気になる物件があったら、無料会員登録をして、お気に入りに入れておきましょう。

公式サイトはこちら

エイブル

CMでも有名なエイブルは、国内外あわせて800以上の店舗を持つ、大手の賃貸業者です。

自分が貸主だったら、実績が豊富で信頼できる、大手が運営する賃貸情報サイトに掲載したいですよね。エイブルは、まさにそれに該当する会社で、たくさんの物件が登録されています。

他のサイトに登録されていない物件も、もしかしたらエイブルになら登録されているかもしれません。次に住む家に長く住む予定なら、複数のサイトを駆使して、納得のいくまで部屋探しをしましょう。

公式サイトはこちら

ページトップ