家賃が3万円以下の賃貸アパートやマンションを効率よく探すコツ

月々の家賃が30,000円以下ならなんとかやっていけるかもしれない。そう思ったとき、飛び込みで不動産屋に家賃が30,000円以内の物件を探してもらうのでは効率が悪過ぎます。知りたいことや探したいものは、まずインターネットで調べるのが今の世の中の主流ですよね。

部屋探しも同様で、一つの物件につき間取り図や何枚もの写真が見られる賃貸情報サイトはとても便利です。様々な条件で情報を並び替えたり、絞り込んだり、自由自在に自分の好みの物件を見ることができます。

全国の家賃30,000円以下の賃貸物件はココから

家賃が30,000円以下の物件なら、敷金や礼金などの初期費用も安くすみます。中には敷金礼金が無料のゼロゼロ物件もあるでしょう。物件数も多く掲載されているので、一人暮らしに迷いがあった人でも、気に入った物件が見つかるかもしれません。

先に絞り込んである特集ページは便利

家賃30,000円以下という第一希望をもとに物件を選びたいなら、賃貸情報サイトの家賃30,000円以下の物件特集のページから検索を始めるのが確実です。下記のサイトでは、沿線から探しても住所から探しても、出てくる物件は全て30,000円以下なので希望の条件を満たすものだけが並びます。

試しに北海道や東京や沖縄など、適当にクリックして表示される物件を見てみましょう。30,000円以下の物件が多く登録されています。そのような物件を見比べているうちに、ぼんやりとしたイメージしかなかった家賃以外の自分の希望する条件がはっきりしてくるでしょう。その後は住みたいエリアとこだわり条件などを指定すれば、希望通りの物件が表示されます。

ひと目で分かる!東京23区内も物件多数!

例えば東京都の30,000円以下の物件を見てみます。住所から探すをクリックし、次に東京都をクリックしてみましょう。すると東京23区と東京市部・その他の30,000円以下の区と市ごとの物件数がひと目で確認できます。

東京23区の半数以上の区には家賃30,000円以下の物件が数件ずつあることが分かり、都心部に近づくほど少なく近県の県境に近いところは結構な数が登録されています。それでも新宿区や世田谷区や品川区にもあるのですから、贅沢を言わなければ都心に近い場所に住めます。

※2017年1月現在

あの憧れの街にも格安物件が!

話題の映画やテレビドラマ、アニメなどで舞台になった土地は、テレビのバラエティー番組などでも取り上げられ、その土地の紹介番組などが盛んに放送されます。それらを見ているうちにそこに住んでみたいと思う人も出てくるようです。

市町村名が分かれば、格安で住めるかどうかがすぐに判断できます。もし何件か情報が出てくれば、写真や間取り図を見てみたいと思うのではないでしょうか。気軽に興味本位で見ていたつもりが、気がついたらその町に住んでいたという人もいます。

賃貸情報サイトで探すときのコツ

物件の候補数があまりにも多い場合は、その中から自分の希望の条件を絞り込んで検索すると無駄がありません。しかし、この絞り込みはともすると、優良物件を除外してしまいかねないため、探すときに若干のコツがいります。

価値観はそれぞれ!絞り込み条件は何を優先する?

家賃30,000円以下で首都圏の物件を選ぼうとすると、都心から離れればある程度設備の整った物件を探すことができます。その中でも画面左側に物件条件の絞り込み欄があります。

そこで家賃30,000円以下ということを考えれば、シャワー付き独立洗面台やオール電化、戸建てや3LDKという欄にチェックを入れる人はいないでしょう。

それよりも、一階か二階、エアコンの有無、ベランダバルコニー付きは必須か、角部屋がいいのか、敷金や礼金なしの物件か、それとも駅からの徒歩ができるだけ短い方が良いのか、そんなところから絞り込むのが現実的でしょう。

これは譲れるけれどこれだけは譲れない、という線引きを自分で明確にしておくと物件選びもスムーズにいきます。

表示順を「家賃が安い」順に並べ替える

先に一番良い物件から見てしまうのはおすすめできません。上の方に出てくるのは、築年が浅く、立地も良く、設備も良い、その候補群の物件の中から一番良さそうな物件でしょう。先に良い物件を見てしまわずに、家賃の安い順に並び替えることがコツです。

一番良い物件を先に見てしまうと、探せば探すほどグレードが下がっていき見劣りしてしまいます。
気分的なものですが、部屋探しの方法としてはあまり良い方法とは言えません。一番安いものから見ていき、少しずつグレードがアップしていった方が残念な気持ちにならず楽しめると思います。

アパートかマンションかを指定しない

絞り込み条件で、アパートかマンションか戸建てなどを選ぶチェックボックスがあります。30,000円以下の物件はどうせアパートしかないだろう、とアパートにチェックを入れるのは止めましょう。30,000円以下のマンションもあるため、先に設定してしまうと除外されてしまいます。

地方により建物の呼び方が異なることがあります。もともとアパートとマンションの定義がはっきりしていないこともあり、見た目がアパートだと思っていた物件が、よく見るとマンションと表記されていたり、その逆の場合もあります。アパートやマンションのどこにもチェックを入れずに探しましょう。

家賃の上限を35,000円にして検索してみる

住みたい地区の30,000円以下の物件の候補数が少なく、住みたいと思える物件がない場合は、左側の家賃の上限額を35,000円、下限額を30,000円にしてみましょう。さっきまでは表示されていなかった物件が絞り込まれます。

その中で良さそうな物件があれば、値引き交渉ができないか不動産屋に相談してみるのも良いかもしれません。もし、物件の数が少な過ぎたら、そこはあまり安い物件がない地域ということになります。もっと離れた場所で再度検索してみましょう。

電車5分+徒歩25分か、電車25分+徒歩5分か

その地域の中心地となる場所から離れれば離れるほど家賃相場は安くなるでしょう。会社勤めの人なら通勤手当は会社が出してくれるはずです。1か月につき定期の上限金額が決められていることが多いですが、その範囲内ならどこに住んでも良いということになります。

せっかく親元を離れるのだからなるべく会社に近い沿線の駅を探したいと思うかもしれません。しかし、会社の近くの駅の物件を探したところで、駅から歩く距離が長いと通いにくいと感じるでしょう。

それだったらむしろ多少距離が遠くなったとしても、駅から徒歩時間が短い方が、特に女性の場合など夜間の一人歩きの時間が少なくすむので安心です。結局は、電車に乗る時間と歩く時間を合わせて30分なら、電車に乗る時間を長くして歩く時間を少なくした方が良い物件に巡り会える確率がグンと高くなります。

しかも始発駅だと朝の通勤ラッシュにも悠々と座って通えるので、通勤時間を何か資格取得のための勉強の時間に当てるなど有効活用できます。

家賃は収入の3分の1では不安、まずは4分の1から

家賃を30,000円以下と決めたなら、なるべくその範囲内で物件を探しましょう。上を見ればキリがなく、贅沢さえ言わなければ優良物件と思える部屋があるものです。ただし、いくら安かったからと言ってお風呂なし物件を選んでしまっては、結局は銭湯などの入浴施設にお金を払って通わなければならなくなります。

それなら多少遠くなってもお風呂付き物件を選ぶべきでしょう。なかなか良い物件が近くにないからと、家賃の高いところに住んでしまうと後が大変です。せっかく引越したのに、最初から切り詰めた生活をしなければならないのでは生活自体が楽しめません。

一般的に家賃は収入の3分の1以内にすべき、ということを聞きます。しかし、収入が300,000円ある人が家賃100,000円の部屋に住むのと、収入が90,000円の人が家賃30,000円の部屋に住むのとでは意味合いがまるで違います。

生活のペースがつかめるまでは家賃は収入の4分の1以内に抑えた方が良いと思います。東京都なら23区外の市から選べば結構選択肢も多いため、気に入った物件が見つかるでしょう。

家賃30,000円以下の物件はこんなところに注意!

上でも述べましたが、都心に近い23区内でも30,000円以下の物件はあります。築年数は30年以上の物件が多くなり、4.5畳の和室や、台所とトイレが共用になっているところもあります。これなら良いのではと思えるような物件も、よくよく見るとお風呂がなかったりします。

古い木造のアパートだと、当時は銭湯があちこちにあったためお風呂のない住宅やアパートはざらにありました。その名残でお風呂のない古い物件を安く貸し出しているわけですが、最近は巷に銭湯が激減しています。

気軽に徒歩で行ける距離に銭湯があれば良いですが、そうでない場合は厳しいものがあります。

昔に建てた住宅は耐震面ではどうなっているのでしょうか。地震が心配な人は老朽化している物件では落ち着いた生活ができないと思われます。またフローリングではなく和室が多いのも古い建物の特徴です。壁も薄く洗濯機置き場も外のところも多いです。どこまでが譲れてどこからが譲れないか、春夏秋冬を通してそこで暮らすことを想像してみてください。

古い木造アパートでももともと和式トイレの作りであっても、その後改装して洋式の便器を設置している場合が多いですが、まれに和式のトイレのままのところもあります。間取り図の記号の見方が分からず、写真も載っていなかったため実際に内見をして驚くこともあります。

気にならない人なら良いですが、抵抗がある人は毎日使う場所ですから、それが妥協できるかどうかはしっかりと考えた方が良いでしょう。

見れば見るほど迷ってしまう?プロの意見も聞いてみたい!

このように見てみると自分が決めた優先順位が果たしてこのままで良いのだろうかとか、もっと違う良い場所があるのではないかなど、探せば探すほどに迷いが生じてしまうのではないでしょうか。そんなときには賃貸物件を多く扱うプロの経験に基づく意見が決め手になることがあります。

インターネット上で質問したり相談したりできるイエッティ

自分の希望の物件を探すお手伝いをしてくれたり、疑問点を聞いてみたり、直接不動産屋の窓口に出向かずにインターネット上でチャットでやり取りできるサービスがあります。住みたい場所もまだ決められないようなら、やみくもにあちこちの不動産屋を回っても埒があきません。そのようなときにこのイエッティが便利です。

使い方は簡単!パソコンでもスマホでも

パソコンやスマホのアプリからLINEやメール感覚で気軽に相談ができます。賃貸物件の情報ページを見ても分からなかった情報を教えてくれたり、自分では見落としていた物件を紹介してくれたりすることもあるかもしれません。

ひとりで探していても本当にこれでいいのだろうかと自信が持てないこともあると思いますが、そこでプロの意見を聞いてみることは勉強になりますよ。

まとめ

大手の賃貸情報サイトなら全国規模で探すことができるので、遠くの不動産屋に何度も足を運ばなくてもすみます。30,000円以下の物件でも、エアコン付きやロフト付きがあったり、トイレとバスが別になっていたり、インターネット接続のできるところなど、探せば色々とあるものです。

たくさんあり過ぎて迷ってしまう人は、イエッティでプロのアドバイスを聞きながら部屋探しのお手伝いをしてもらうのも良いでしょう。

ページトップ