インターネットが無料の物件は本当にお得な物件なの?

家族みんなで使うならまだしも、一人暮らしだとインターネット代が割高に感じてしまいます。インターネットは通信回線とプロバイダを選び契約や工事をすませ、LANやWi-Fi機器を設置し、接続の設定をした後に初めて使えます。

その数々の手続きをせずに、引越した日からすぐにインターネットが使えるのは魅力です。そこで今回は、最近増えつつあるインターネット無料物件のお得感について考えてみましょう。

インターネットが無料で使い放題の賃貸物件がある

昔は住宅難の時代もありましたが、今はよほど厳しい条件を付けない限り空き室が余っています。そこで貸し主も入居者を獲得するべく、他の物件と差を付け、ここに住みたいと思える設備を積極的に導入しています。その一つが、無料でインターネット使い放題物件です。

もはやインターネットは必要不可欠の時代

通販の買い物や銀行口座の管理、受験の手続きや合格発表などにもインターネットは欠かせません。スマホなどの携帯電話の他に、パソコンやタブレットを複数台使っている人も多いでしょう。ブロードバンドの登場で通信速度も格段に高速になり、映画や動画などの大きな容量のデータでもサクサクと送受信ができるようになりました。

その分インターネットの利用料も家族で使うときには、高くても仕方のない必要経費だと割り切れます。しかし、一人暮らしで新たに契約しなければならないときには、申込手数料や工事費などを合わせると高額に感じます。

スマホの契約データ量を増やして、パソコンを使うときにはテザリングなどでしのぐか、外のWi-Fiフリースポットを利用するか、新たにインターネット回線を敷くべきか悩みどころでしょう。

月々の固定費が無料になるのは大きい?

それらの悩みを一掃できるのがインターネット無料物件です。各種の事前手続きが不要な上、毎月必ずかかる4,000円〜7,000円前後の固定の必要経費が無料になるのはお得です。

インターネット無料物件を借りるメリット

賃貸物件は光ファイバーケーブルなどの高速ブロードバンド回線が使えないことがあります。宅内に光ファイバーケーブルを通す工事をすることに難色を示す貸し主もいるからです。既存の電話回線の配管を使っても管が劣化していたり、複雑に曲がっていたりすると上手く通らないこともあります。

そんなときには壁に穴をあけたり、エアコンのダクトから引き込んだりすることになります。そのためには専門業者の工事が必要です。賃貸物件は自分勝手に工事を申し込むことはできませんので、最初から使えるようになっているのは大きなメリットです。

契約手続きが不要で引越し後すぐにネットにつながる

有線のインターネットは、申し込みをして工事をして使えるようになるまでに時間がかかります。モバイルデータ通信では電波の状態は引越した先で試してみないことには常に速度が安定しているかがわかりません。そんな心配がなく引越してすぐにインターネットが使えるのは安心できます。

引越し関係の住所変更の手続きは今ではほとんどがインターネット上で届け出の手続きができます。中には早急に手続きしなければならないものもあり、即日インターネットが使えるのはそういった面でも忘れずに確実に手続きができて便利です。

月々の支払いが不要になる

家族で使っても一人で使っても月々一定の額はかかってきます。それが無料になるなら、その分ほかの必要なお金に回せます。支払いのためにコンビニや銀行に行く煩わしさもなく、口座振替なら残高を気にすることもありません。

スマホのデータ通信制限も気にならない

外ではスマホのキャリアの回線を使っている人でも、家に帰ればWi-Fiに切り替える人が多いのではないでしょうか。外でスマホを使ってうっかり動画を見てしまうと、データの残り使用量があっという間に減ってしまいます。

そうなると締め日を過ぎるまで我慢して低速のままで使うか、追加料金を支払って通信データ量を買わなければいけません。しかし自宅にWi-Fiがあれば安心して動画を楽しむことができます。パソコンを持っていても、寝る前のひとときベッドで横になってスマホを使う人もいるでしょう。やはりインターネットがあった方が何かと便利です。

インターネット無料物件を借りるデメリット

一見お得に思えるインターネット無料物件ですが、必ずしもメリットにはならない場合もあります。使用する回線事業者や入居人数により、物件によってはデメリットになることもあるため注意が必要です。

回線やプロバイダを選ぶことができない

貸し主により回線事業者とプロバイダが既に決められているため、自分の好みのところが選べないのがデメリットでしょう。今まで使っていたプロバイダが変わるなら前のプロバイダの契約を解約することになります。

その際に使っていたメールアドレスは新しいプロバイダでは使えません。あちこちのメールアドレス変更の手続きが面倒だと思えば、前のプロバイダのメールアドレスを月額数百円支払ってそのまま残しておくこともできます。

必ずしもお得にならない場合がある

それまで住んでいた物件にインターネットが無料で導入されることになったというなら、元から住んでいる人にとってはとてもお得になります。しかし、インターネット開通後に入居する人たちの家賃がその分上乗せで、他の部屋よりも高く設定することもあります。

無料とはいっても、その分家賃や共益費に組み込まれている可能性は捨てきれないでしょう。また、携帯電話や光回線インターネットとのセット割でかなりの割引が適用される通信事業者も登場しています。月々トータルの支出で考えた場合、必ずしもインターネット無料物件にこだわることもないでしょう。

各部屋で一斉に使う時間帯は速度が遅くなる

高速ブロードバンドが利用できるとはいっても、1つの回線を各部屋で共用で使うことになります。高速道路も空いているときはスピードを出して通行できる車も、利用者が多いほど渋滞しスピードもノロノロ運転になります。

それと同じように、同じ時間帯に多くの人が一斉にインターネットを利用すると、その分回線のスピードは遅くなってしまいます。夜など多くの人がネット接続している時間帯に動画サイトを利用するときは画面がもたつくかもしれません。

また仕事で大きなデータをやり取りしなければならないときにも影響があるでしょう。OSの大掛かりなアップデートなどでデータを多く受信するときにも時間がかかるのは覚悟しましょう。

回線事業者のセットプランの加入をすすめられる

地デジのテレビの電波の受信状況がよくないところではケーブルテレビを契約している集合住宅は多くあります。ケーブルテレビの通信網を利用したインターネット契約をしているならば、手続きの際に他の有料オプションプランをすすめられることがあります。

また、インターネット無料とはいいながらも個別に契約しなければならないときには、短期間で引越しをすると解約金がかかってしまう場合もあるかもしれません。

インターネット無料の意味合いが貸し主によって大きく異なることも考えられます。必ず回線事業者通信事業者とプロバイダや決められたルールがあるのか、まずは確認してみましょう。

まとめ

インターネットのスピードや安定接続を重視するなら必ずしも無料物件にこだわる必要はないと思います。インターネット無料物件を選んで入居したのに、満足するスピードが出なかったため、自分で別に契約した回線を使っているという人もいるようです。

インターネット無料物件に条件を絞り込まなければ、もっと違う物件に出会えた可能性もあるはずです。メリットやデメリットをよく知り、今後の賃貸物件選びの参考にしてください。

ページトップ