一戸建て(一軒家)の賃貸物件のメリットとデメリット

一戸建て(一軒家)の賃貸物件のメリットとデメリット

賃貸物件を探すとき、一戸建てはぜいたくな気がして候補から外すという人もいるでしょう。単身者なら無理もありませんが、子どもがいる家族世帯、ペットを連れて行きたい、楽器を練習したい、という人には賃貸の一軒家はおすすめです。条件さえ合えば快適な生活を手に入れることができます。

一戸建ての賃貸物件に住むメリットやデメリットを紹介しますので、物件選びの参考にしてください。

持ち家気分が味わえる?将来の参考にも

今まで集合住宅に長く住んでいた人は、独立した一軒家の開放感は魅力的に映ることでしょう。そうは言っても、駅近の立地の良い一戸建てなんて家賃が高くて住めるわけがない、それならもっと家賃の安いグレードの良いマンションはいくらでもある、と考えるのではないでしょうか。

しかし、マンションと変わらない賃料の安い一戸建てに住むことはできます。最初から「予算内で借りられるわけがない」と思わず、戸建賃貸にも目を通してみることをおすすめします。

賃貸ならさまざまなタイプの家に住める

「持ち家」を買うのは、一般的には一生に1回か2回あるかないかだと思います。家を購入したあとでは、失敗したと思ってもそうそう買い替えるわけにはいきません。古民家を安く買ってリノベーションして住む人や、持ち家を持たない暮らしを選ぶ人も増え、生活スタイルや価値観は時代ごとに変化しています。

その点、戸建賃貸なら、気軽にさまざまな間取りの物件に住むことができるでしょう。2階リビングの利便性、リビング階段、吹き抜け、グルニエなど、知人の家に訪問して良さそうに感じても、実際に自分で生活しないと気づけないことはたくさんあります。

マンションからマンションに引っ越すのと違い、戸建てから戸建てに引っ越すと、かなり劇的な変化を感じます。そのぐらい、一戸建てというのは一軒一軒の特徴がかなり異なり住み心地も変わるということです。

購入の際の物件選びの参考になる

一軒一軒で住み心地がかなり変わると説明しましたが、今後もし一戸建てを新築したり購入したりすることになったとき、この経験が活きてきます。

リビング階段が良かったのに、子どもが大勢の友だちを連れてくるために、いつも気を抜けない。天井の高い広々としたワンルームは良いが、冷え性なため真冬は床暖房とエアコンでも物足りずにガス暖房器具を購入し、大型の暖房器具代と光熱費の出費が痛かった。

専用の庭が魅力に思えたのに、実際は花壇を作って色々手をかけたのは最初だけで、あとは雑草が伸び放題で、梅雨明けの除草はもう懲り懲り。できれば建ぺい率を最大にして部屋を広くしたいので、庭は狭くて構わない、など将来のビジョンがハッキリと見えてきます。

そうすれば、少なくとも一戸建てを購入して、あとから失敗したというようなことがないため、満足度の高い物件を選べるようになるでしょう。

メリットがたくさん!一戸建て(一軒家)に住んでみたい

物件の持ち主や不動産管理会社が一戸建ての家賃を設定するときは、周辺の同じような間取りのマンションの家賃相場よりは、若干高めに設定することが多いと思います。しかし、入居希望者がいない場合、長く空き物件のままよりは家賃を下げてでも入居してほしいため、交渉次第で値下げをしてくれることは結構あります。

また、不動産管理会社の担当者が、設備が古くなってきたので当面交換しないのであれば家賃を少し下げてはどうか、と貸し主に進言してくれることもあります。地域密着の不動産屋なら大家とも旧知の仲であることが多く、そこで扱う物件の中に掘り出し物があるかもしれません。

生活音や物音を気にせずに住める

夜間の洗濯も掃除も、隣人や階下に気兼ねせずに好きな時間にできますし、良いスピーカーで今まで以上に大きな音で音楽を聴くこともできます。とにかく、隣近所に気兼ねをせずに住めるのがマンションやアパートと大きく異なるメリットです。もちろん、隣室や階上のうるさい物音に悩まされることもありません。

特に、子どもの夜泣きや部屋を走り回る足音、ドアや窓の開閉音や階段の上がり下りの音、これらも一切気にする必要はなく、子どもも伸び伸びと過ごせるでしょう。夜勤や早朝出勤など、生活時間帯が不規則な人でも、周りに気兼ねすることはありません。

収納スペースが豊富

一戸建ては、玄関が広いため下駄箱も大きめで、納戸やウォークインクローゼットなどの造り付けの収納スペースが広いです。また、庭に物置きを置いていることも多く、アウトドア用品やスポーツ用具、外の清掃用具など、たっぷりと収納できます。

賃貸用のアパートやマンションでは、限られた面積なら収納スペースよりも部屋の面積を広くとる傾向があるため、その収納量にはかなりの違いが見られます。

目の前の駐車場がありがたい

マンションでも敷地内や地下に駐車場があるところも多いですが、玄関の目の前に駐車場がある利便性は一戸建てならではです。別に駐車場を契約する必要もなく、駐車場料金を払う必要もありません。

車のトランクの荷物の出し入れや、雨の日の乗り降りでも苦になりません。幼児連れで車で出かけるようなとき、チャイルドシートに子どもを載せてから自宅に置いた忘れ物に気がついても、玄関の目の前なら安心です。

重たい灯油やスーパーのレジ袋がたくさんになっても、何回往復してもらくらくです。庭の水道からホースで手洗い洗車ができるため、外出前に気になる汚れをサッと水洗いできるのも便利です。

庭を好きなように使える

庭は元からある植木を切ったり、庭をつぶしてもう一台車庫を作ったりということは勝手にはできません。それ以外なら好きなように使って良い場合が多いでしょう。ガーデニングをしたり、家庭菜園を作ったり、子どもの遊具を置いたり、夏はプールを出して水遊びができます。

ベランダ以外に庭に物干し台を設置することもでき、階段の上がり下りが面倒なら庭先に洗濯物が干せます。ベランダも広く2箇所以上あるなら、布団干しも十分なスペースで人数分天日干しできると思います。

ペット可や楽器可の物件が多い

一戸建ての方がマンションやアパートよりはペット可の物件が多いのではないでしょうか。特にペット可となっていなくても、室外犬はOKとするところもあったり、貸し主に交渉して猫以外なら可となったりすることもあります。

敷金を当初の設定よりも増やすことにより、ペットを承諾してもらえることもあるので、とりあえずは相談してみると良いでしょう。

隣家と距離がある家なら、ピアノなどの楽器演奏も可とする物件もあります。半地下や、防音設備のある部屋もある戸建賃貸は、楽器演奏や映画をホームシアターで楽しみたい人に最適な物件です。

子どもが小学校に入ると、鍵盤ハーモニカやリコーダーなどを練習する機会も増えますが、それも気兼ねなく音を出して練習できます。

一戸建て(一軒家)を借りるデメリットは?

一戸建てにはデメリットもあります。賃貸戸建てを借りる際には、メリットばかりを見るのではなく、デメリットも理解した上で納得して契約することが大切です。

面積が広いため家賃も高額になりがち

単身や二人暮らしの場合、一部屋や二部屋の丁度よい大きさの一戸建てがなかなか見つかりません。一戸建てに住もうと思えば、アパートやマンションの程よい広さの物件よりは、家賃は高くなってしまいます。

家族で住む場合でも、同じ地域のマンションの4LDKより戸建賃貸の4LDKの方が家賃は高くなることが多いです。

光熱費が高額になってしまう

玄関や門灯、それぞれの部屋のエアコンなど、部屋が多くなれば光熱費もかかります。上下左右に住居があったマンションと違い、風通しがよく採光も良い一戸建ては、気密性の低い木造だと特に光熱費がかかることになります。

マンション住まいでは足りていたアンペア数も、一戸建てではしょっちゅうブレーカーが落ち、一段階上げた契約をする家庭も多いです。

階段の上がり下りが億劫になることも

上下の階層で独立性が保たれるのは良いのですが、何か必要なものがあるたびに階段を往復したり、家事動線が長くなったりすることから、上がり下りを面倒に感じる人もいます。足にケガをしたときも、重い荷物を運ぶ際も、階段には気をつける必要があります。

広い敷地だと駅から遠くなる

庭が広く間取りも広い一戸建てを選びたいなら、中心となる駅からは離れた場所でしか物件は見つからないでしょう。駅近くは商業施設やマンションなどが並ぶため、よほど田舎でないかぎり、広めの戸建ては駅から少し歩くことになります。

空き巣に狙われやすい

駅から離れて人通りの少ない閑静な住宅街では、セキュリティに不安を感じる人もいるでしょう。表通りから死角が生まれやすい一戸建てでは、それだけ空き巣被害に遭う確率が高くなってしまいます。マンションのようなオートロックや防犯カメラなどがないため、子ども一人の留守番を心配する声もあります。

室外や室内のメンテナンスに気を抜けない

貸し主に、庭は好きなように使ってもらって構わないが、植木の管理だけはしてほしい、と言われることが多いのではないでしょうか。道路にはみ出した枝を切ったり、晴れた日が続けば水遣りをしたり、除草をしたりする必要があります。土いじりや虫が苦手な人は、ついつい放ったらかしてしまうと、その後がますます大変になってしまいます。

室内外の丸ごと一軒分を、全て自分たちで掃除をして管理をしなければなりません。
近所は持ち家の人が多いため、きれいに手入れをしています。隣近所に合わせて、雪が降れば玄関前の道路の雪かきをし、どこからか枯れ葉が集まってくれば、周辺の道路の清掃が必要です。

定期借家の場合があるので注意が必要

広い一戸建てが格安の家賃で貸し出されていて不思議に思っていたら、それは定期借家契約だったということがあります。定期借家は、持ち家の所有者が海外への転勤などで、しばらく留守にする場合、帰国するまでの間に賃貸物件として貸し出して家賃収入を得られるシステムです。

その期間が自分たちにとって不都合でなければ、お得に安く住むことができるメリットがある反面、気に入った物件でも、契約優先で退去しなければならないデメリットがあります。一戸建ての賃貸の場合、そのような契約形態が多いため、物件情報を注意して見るようにしましょう。

一戸建ての賃貸は、子どもの足音や生活音に気兼ねをしていて暮らしていた人にはおすすめの物件です。また、知人を大勢招待したい人も、多少騒いでも近所迷惑にならないので、楽しく暮らせるでしょう。庭が広く隣家と離れていて煙や話し声が迷惑にならなければ、自宅でバーベキューを楽しむこともできます。

ページトップ